火災保険の申請書類の書き方を解説【画像付き】

住宅ほけんの
窓口

火災保険の保険金を受け取るには、火災保険申請が必要です。

火災保険申請の具体的な申請方法を把握しておき、スムーズに申請を進めましょう。

火災保険申請の基礎

火災保険の保険金を受け取るためには、火災保険申請が必要です。

申請の流れや気をつけたいことなど、火災保険申請の基礎事項を確認しましょう。

火災保険申請の基礎

  • 火災保険申請の全体的な流れ
  • 損害後には事実を整理しよう
  • 申請方法を誤ると保険金が受け取れないことも

火災保険申請の全体的な流れ

火災保険申請は、以下の流れで申請をします。

保険会社への連絡

STEP
1

屋根修理業者への連絡・見積もり依頼

STEP
2

書類(保険金申請書・事故状況説明書など)の作成

STEP
3

保険会社へ書類送付

STEP
4

申請の承認結果受け取り

STEP
5

屋根修理業者との打ち合わせ・修理

STEP
6

火災保険申請では、書類の提出が求められることがほとんどです。

保険会社ごとに定められたフォーマットに沿って、被害状況を精緻に記入し、根拠となる資料を添付して送付します。

不備のない書類を送った後も、審査内容によっては、被害の説明や現地確認への立ち合いを求められることもあります。

損害後には事実を整理しよう

火災や自然災害などの被害を受けた場合には、安全確保が取れ次第、被害状況の確認をしましょう。

火災保険申請では、「いつ・どこで・どこが・何の理由で」損害を受けたのかを説明する必要があります。

被害状況を確認し事実を整理しておくと、スムーズに連絡や書類作成が進みます。

また、被害状況を目視できた場合には、被害箇所をスマートフォンで写真を撮っておくと、後で証拠資料として使えて便利です。

申請方法を誤ると保険金が受け取れないことも

火災保険申請では、申請方法を間違えると保険金が受け取れないことがあります。

民間の保険会社は、営利目的で保険業を営んでいます。

そのため、補償対象にならないと判断した保険金については、不必要な支払いであるため審査落ちにされてしまうことがあります。

本来であれば補償の対象になるような損害でも、経年劣化だとみなされるような申請がされていることで、審査に通らず保険金がもらえない場合が見受けられます。

正しい申請方法を認識しておき、しかるべき保険金を受け取れるようにしましょう。

火災保険申請では、保険のプロである保険会社とやり取りするため、どうしても加入者側が知識面で劣ってしまいがちです。基礎的な事項だけでも押さえておくようにしましょう。

①被害に遭ったら書類を取り寄せる

火災や自然災害の被害に遭ったら、まずは保険会社から申請書類を取り寄せます。

連絡の仕方・取り寄せる書類を確認しましょう。

①被害に遭ったら書類を取り寄せる

  • 被害に遭ったらまずは保険会社へ連絡
  • 連絡の際に用意するもの
  • 取り寄せる書類の例

被害に遭ったらまずは保険会社へ連絡

身の安全を確保し、被害状況を把握したら、火災保険会社へ連絡します。

連絡先は、保険証書や契約のしおりなどに記載されていることがほとんどです。

保険会社によっては事故受付用のウェブサイトがあり、ウェブ上で入力するフォームが用意されているケースもあります。

必要事項を伝え、今後の申請の流れについて説明を受けましょう。

連絡の際に用意するもの

保険会社への連絡の際には、次のもの・情報を手元に控えておきましょう。

保険会社への連絡の際に用意するもの・こと

  • 保険証書
  • 契約者の氏名
  • 証券番号
  • 事故の日時・場所
  • 損害の状況・原因・程度
  • 連絡先

連絡の際には、最低限手元に保険証書を用意しておきましょう。

必要な情報を揃えておき、保険会社からの質問にスムーズに回答できる状態にしておくと、安心です。

取り寄せる書類の例

保険会社から申請フォーマットを取り寄せ、書類を作成します。

取り寄せる書類は、一般的に次の書類です。

保険会社から取り寄せる書類

  • 保険金請求書(保険金請求日・請求者情報・その他の保険契約状況・振込口座などを記載する書類)
  • 事故状況説明書(被害箇所の状況を説明する書類)
  • 損害明細書(被害箇所の状況を、専門家が詳細に説明する書類)

書類を取り寄せたら、項目に沿って必要な内容を記入しましょう。

提出の際にはこれらの書類に加えて、修理業者から受け取った事故調査報告書・修理工事の見積もり書・被害の根拠となる写真を添付します。

書類の取り寄せは簡単に見えるステップですが、少しでも「経年劣化では?」と疑われてしまうと申請がうまく行かない可能性があるため、注意深く進めましょう。

②被害の証拠写真を撮る

火災保険申請では、被害箇所の証拠を提出する必要があります。

申請に無事通れるよう、被害の証拠をしっかりと用意しましょう。

②被害の証拠写真を撮る

  • 申請には証拠が必要
  • 業者の調査で撮ってもらうと楽

申請には証拠が必要

火災保険申請では、被害箇所の証明写真が必要になります。

証拠写真のポイントは、以下の通りです。

証拠写真を撮る際のポイント

  • 被害状態がなるべく鮮明にわかる画質で撮影する
  • 複数の角度から撮影する
  • 表札や建物名がわかる写真も含める
  • 建物や家財の全体を写す
  • 損害を受けた部分を写す
  • 5〜6枚を目安に提出する

証拠写真には、被害状態がなるべく鮮明にわかるものを、合計5〜6枚を目安に用意しましょう。

例えば、次のような写真が撮れているとベストです。

屋根瓦の被害
雨どいの破損

雨漏りのよる天井浸食

屋根の上などの高所に損害を受けた場合には、自ら屋根に上がって撮影するのは危険なので、無理のない範囲で行います。

業者調査で一緒に撮影してもらう

修理業者やサポート業者に被害箇所の調査に来てもらった際に、被害箇所の写真を撮ってもらえます。

特に、屋根や2階の外壁などは、高所での撮影となります。

素人が脚立などに上がって命綱もなしで撮影しようとすると、大怪我につながる恐れもあり、大変危険です。

業者が建物調査に来た際に、「火災保険申請を考えているので、被害箇所の写真を撮ってほしい」と依頼することで、写真を撮ってもらえます。

怪我の恐れもなく、プロの目線で必要箇所の写真を撮ってもらえるため、手間が省けます。

被害箇所の写真を撮らずに修理を進めてしまうと、申請の際の証拠がゼロになってしまいます。修理や片付けをおこなう前に、証拠写真を忘れずに撮影しておきましょう。

③書類を記入・提出する

必要書類が揃ったら、書類を記入します。

書類の記入箇所や提出の前に確認したいチェックポイントについて、実際の書類を元に解説します。

③書類を記入・提出する

  • 修理業者に準備してもらう書類
  • 自分で記入・準備する書類

修理業者に準備してもらう書類

修理業者に準備してもらう書類は、以下の通りです。

修理業者に準備してもらう書類

  • 修理費用の見積もり書
  • 損害明細書

では、実際にどのような書類を準備してもらうのか、損害明細書の内容を見てみましょう。

業者によってフォーマットは異なりますが、損害があった箇所の画像や状況が記載されています。

屋根修理業者によっては、火災保険申請に慣れていないケースもあります。

慣れている会社に頼む方が確実であるため、事前に「火災保険申請を考えている」旨を伝えて反応を見ておくと安心です。

自分で記入・準備する書類

自分で記入・準備する必要がある書類は次の通りです。

自分で記入・準備する書類

  • 自分で記入する書類
    • 保険金請求書
    • 事故状況説明書
  • 自分で準備する書類
    • 罹災証明書(市区町村の窓口で申請し、約1〜3週間で受け取れる)
    • 被害箇所写真(建物調査時に業者に撮ってもらうのも可)
    • 建物登記簿本(建物所有者名と契約者名が一致しているかの確認資料。必要ない場合もある)
    • 火災保険申請サポート業者の契約書

このうち、保険金請求書事故状況説明書は次のように記載します。

保険金請求書の書き方

ここでは、こくみん共済の書類を例にご説明します。

保険金請求書

保険金請求書では、主に個人情報を記入します。

提出前には、次のポイントを確認しましょう。

保険金請求書のチェックポイント

  1. 契約者本人(=受取人)が、自署と押印
  2. 日中連絡の付く連絡先を記入
  3. 事故の日時は、時間をわかる範囲で記入
  4. 店舗等併用住宅は、業種や店舗面積を記入
  5. 他の保険にも加入している場合には、詳細を記入
  6. 保険料や掛け金を振り込んでいる口座以外からを希望する場合には、その口座名を記入

事故状況申告書の書き方

事故状況説明書

事故状況説明書にも、契約者本人(=受取人)が自署と押印をします。

被害の発生状況に当てはまる部分に、漏れなくチェックを入れましょう。

事故状況説明書のチェックポイント

  1. 契約者本人(=受取人)が、自署と押印
  2. 被害が発生した部分にチェックマーク

罹災証明申込書の書き方

罹災証明申込書

なお、大規模な自然災害による損害の場合には、罹災証明書を提出が求められることがあります。

次のような「罹災証明申込書」をお住まいの市区町村へ提出することで、申請が可能です。

左の画像で赤く括られている「罹災の状況」欄には、何の災害によって、どのような被害を受けたのかを記載します。

例えば、台風によって屋根に被害があった場合には、「台風によって、住宅2階の屋根のスレート瓦が飛散した」など、状況を詳細に書きましょう。

用意されたフォーマットの項目に沿って、情報を漏れなく記載しましょう。

また、建物登記簿本は、法務局や登記所にて取得可能です。

申請内容によって必要になる場合とそうでない場合があるため、保険会社の指示に従いましょう。

審査に通るかどうかは、書類の内容から判断されてしまうこともあるため、不備やミスのないように注意しましょう。

申請時のトラブル対処法

慣れない火災保険申請では、思わぬトラブルが発生することもあるでしょう。

火災保険申請のトラブルへの対処法を知っておくと安心です。

申請時のトラブル対処法

  • 現地調査に来られる場合
  • 審査に落ちてしまったら
  • 面倒やトラブルを回避するならサポートを活用

現地調査に来られる場合

申請内容によっては、保険会社から鑑定人が派遣され、現地調査にくることがあります。

現地調査に来られる可能性があるのは、主に次のような場合です。

現地調査に来られる可能性がある例

  • 申請金額が高額(100万円ほどが目安)の場合
  • 提出した書類に不備がある場合
  • 申請内容が信憑性に欠けている場合
  • サポート・代行業者がブラックリストに入っていた場合

現地調査では、保険の鑑定人が直接被害箇所を見て、正しい申請が行われているかどうかを確認します。

上記のような場合は、高確率で現地調査に来ることが多いことを認識しておきましょう。

審査に落ちてしまったら

火災保険申請では、場合によっては審査落ちする可能性があります。

難しい申請手続きに時間と労力をかけても、必ずしも審査が通って保険金を受け取れるとは限りません。

火災保険申請の審査に落ちてしまった場合には、再審査要求をおこなえます。

再審査請求とは

保険金の支払い対象外と判断された被害について、加入者が判断内容について納得いかない場合に、再度審査を要求できます。

再審査請求は、本来は補償の対象になるはずの被害にもかかわらず、保険会社には保険金の支払い対象外であると判断されてしまった場合に行えます。

加入者が再審査請求をした場合には、保険会社が外部の専門家を招く「保険金支払審査委員会」にて、再審査請求書や根拠資料に基づいて審査がおこなわれます。

とはいえ、不必要な審査落ち自体をできるだけ回避するためにも、被害が発生した後の落ち着いたタイミングで、なるべく早く火災保険申請するのがベターです。

面倒やトラブルを回避するならサポートを活用

火災保険申請の面倒やトラブルを回避し、効率よく完了させるためにも、火災保険申請サポートを活用するのが無難です。

火災保険申請サポートを利用することで、以下のようなメリットがあります。

火災保険申請サポートを利用するメリット

  • 損害箇所をもれなく申請できる
  • 申請の手間や時間を省ける
  • 保険金を受け取れる確率が上がる

火災保険申請サポートでは、火災保険や住宅の修理について専門知識を持つプロが、申請手続きをお手伝いしてくれます。

プロの視点があれば、素人目では気づけないような損害箇所も、もれなく見つけて申請できます。

また、補償の対象であることを証明する根拠や書類の記載方法も、プロに相談できます。

結果として、審査落ちする確率が減り、必要な保険金を受け取れる可能性が高まります。

火災保険申請では、思わぬ現地調査や審査落ちなどのトラブルが後を断ちません。スムーズな申請のためにも、サポートを上手に活用しましょう。

まとめ

火災保険申請では、さまざまな内容の手続きや書類の提出が求められるため、大変な時間と労力がかかります。

火災保険申請サポートの力を借りることで、少しでも手間を削減しつつ、確実に申請を終えることが可能です。

まずは被害箇所が火災保険申請の対象になるかどうか、こちらのリンクから確認しましょう。

無料調査実施中!

実は、約90%の方が保険料の申請漏れで損をしています。
面倒な作業は全てこちらでサポートします。
まずは保険金がいくらおりるかお気軽にご相談ください。

簡単1分 スピード診断