火災保険の詐欺が急増中!給付金詐欺を回避するための対策

住宅ほけんの
窓口

火災保険の給付金について、詐欺トラブルが発生しています。

詐欺トラブルの被害に遭わないよう、火災保険の給付金について正しい知識を持ちましょう。

本記事はこんな人におすすめです
  • 火災保険の給付金について知りたい
  • 給付金について詐欺があると聞いて不安
  • 給付金について詐欺に遭わない

火災保険の給付金とは

火災保険の補償の対象となる被害に遭った際には、給付金を受け取れます。

火災保険の給付金の仕組み・実際にもらえる金額の目安を知っておきましょう。

火災保険の給付金とは

  • 給付金とはなにか
  • 給付金をもらうための条件
  • 実際にもらえる金額の目安

給付金とはなにか

火災保険の給付金(保険金)は、損害が生じたときに、保険会社から支払われるお金です。

住宅ほけんの
窓口

補償の対象となる災害や事故は、保険の契約プランによって定められています。

火災保険の給付金には、次の3種類から構成されています。

火災保険の給付金・3種類

  • 損害保険金:保険の対象の建物・家財に損害が生じたときに、損害に対して支払われる給付金
  • 費用保険金(見舞金):損害とは別に発生する費用を手助けする給付金
  • 地震保険金:保険の対象の建物・家財に生じた、地震の被害に対して支払われる給付金
    (地震保険に加入している場合のみ)

各災害・事故によって受け取れる給付金の種類や金額は、加入している保険のプランによって変動します。

被害を受ける前に、どのような被害に対していくらくらいの補償を受けられるのかどうか、事前に確認しておきましょう。

給付金をもらうための条件

給付金をもらうためには、次の条件を満たす必要があります。

給付金をもらえる条件
  • 保険の契約期間内の損害であること
  • 加入している補償の対象の損害であること
  • 経年劣化によるものでないこと

保険の契約期間内であれば、新築の家でも築年数が数十年の家でも、火災保険の給付金をもらえます。

また、加入している補償の対象に含まれていれば、軽微な損害でも給付金が降りることがあります。

住宅ほけんの
窓口

補償の対象となるはずの被害でも、保険会社や保険の鑑定人に経年劣化であると判断されてしまうと、給付金を受け取れない可能性があります。

経年劣化と判断されないよう、十分な証拠を用意して申請しましょう。

実際にもらえる金額の目安

もらえる給付金の金額の目安は、建物のタイプ別に以下の通りです。

もらえる給付金額の目安
  • 戸建て:50〜150万円ほど
  • アパート・マンション:70〜200万円ほど

給付金の金額は、加入している保険のプラン内容や被害の程度によって変動します。

被害が大きければ修理に多額の費用がかかることから、給付金額も高くなります。

保険によっては、自分で負担しなければならない「免責金額」が定められていることもあるため、注意が必要です。

ここがポイント!

給付金の額は、保険のプランによっても変動します。
補償の対象などに不安がある人は、早めに加入している保険のプランを見直しましょう。

給付金詐欺トラブルについて

火災保険申請の給付金詐欺トラブルが発生しています。

詐欺の事例を把握しておき、巻き込まれないようにしましょう。

給付金についての詐欺トラブル

  • 火災保険関連の詐欺が発生している
  • 詐欺事例①:不利な契約を結んでいた
  • 詐欺事例②:知らぬ間に家の一部を壊されていた

火災保険関連の詐欺が発生している

火災保険申請サポートを悪用する業者による、詐欺被害が増えています。

不当な契約や請求を強要してくる会社や、補償対象にならない修理を見積もりに盛り込む業者が報告されています。

「火災保険を利用すれば、家の修繕を負担なくできる」などの謳い文句で契約を結んだ上で、実際には火災保険申請をおこなわず、後々高額請求してくる事例も報告されています。

住宅ほけんの
窓口

大半の保険加入者は、火災保険についての十分な知識がなく、火災保険申請に慣れていません。

知識のない保険加入者が、業者から狙われてしまうケースが多く発生しています。

火災保険申請サポートを選ぶ際には、十分な比較検討や情報収集を行った上で、契約書の内容をよく確認しましょう。

詐欺事例①不利な契約を結んでいた

火災保険申請サポート業者によって、不利な契約内容を結ばされてしまう事例があります。

業者によっては、「自己負担なく、無料で修理できる」「火災保険申請をすべておこないます」と言って、契約を迫ってきます。

損傷箇所の中には、火災保険の補償の対象になる損害と、補償対象とならない損傷があります。

住宅ほけんの
窓口

補償対象にはならない、経年劣化による損傷には、給付金は支払われません。

火災保険申請の対象となる損傷がないにもかかわらず、緊急性やお得さを装って、契約を迫る場合があります。

契約書の内容によっては、火災保険申請をした後で給付金が支払われず、自己負担の修理費用だけが請求される可能性もあります。

契約内容の文言に不利な点がないか確認する・その場では絶対に契約しないなど、注意が必要です。

詐欺事例②知らぬ間に家の一部を壊されていた

業者によっては、調査を装って家の一部を故意に壊し、不正に火災保険申請する場合があります。

屋根や高所の外壁は住人の目が届きにくいため、悪徳業者に狙われやすい箇所です。

故意に破壊した箇所は火災保険申請の対象にはならず、申請しても審査落ちする可能性が高くなります。

ただし、家の一部が壊れているので、自己負担でも修理が必要であると迫ってくる業者がいます。

事前約束をせずに「無料で損傷箇所がないか調査できるから、屋根に上がらせて欲しい」と訪問営業をしてくる業者には注意し、絶対に屋根に登らせないようにしましょう。

給付金詐欺の対策・優良業者の見極めポイント

悪徳業者による詐欺トラブルに巻き込まれないよう、業者の見極めポイントをご紹介します。

詐欺トラブルに巻き込まれないために

  • 詐欺に遭わないための対策
  • 優良業者の見極めポイント
  • サポートで、安心して申請を進めよう

詐欺に遭わないための対策

給付金の詐欺トラブルに遭わないよう、避けるべき会社は以下の通りです。

避けるべき会社の共通点
  • 手数料が相場よりも明らかに高い(相場は35%前後)
  • ホームページなどに手数料が明記されていない
  • 平均給付金額がやたら高いが、証拠となる情報が明記されていない
  • 被害・保険料受け取りの有無に関わらず費用がかかる
  • お客様用の契約書を渡してくれない
  • 「とにかく一度調査させてほしい」と押し切ってくる

悪徳業者は、営業の仕方・契約までの急かし方・契約書の内容にあやしい点があることがほとんどです。

詐欺に遭わないために、以下の対策を心がけましょう。

詐欺に遭わないための対策
  • 訪問営業は相手にしない
  • 信頼できるかわからない業者に、屋根へ登らせない
  • 営業されたその場ですぐに契約しない
  • 契約前にしっかり説明を受ける
  • 契約書をすべて読む
  • 契約書に曖昧な項目や不足している記載がないか確認する
  • 工事代金を支払うのは、工事が終わってからにする

訪問営業・契約を急かしてくる営業には「一度検討したい」と伝え、その場での契約は避けます。

後悔しないように、サポートの依頼は慎重におこないましょう。

優良業者の見極めポイント

火災保険申請サポートを利用する際には、口コミから信頼できる業者かを見極めることが重要です。

火災保険申請サポートの口コミで、次の点をチェックしましょう。

火災保険申請サポートの口コミ・チェックポイント
  • 申込時の説明が丁寧
    例:手数料に関する説明があったか
  • 成果報酬かどうか
    例:初期費用がかかると言われた
  • クーリング・オフが可能
    例:手数料は支払うように言われた
  • 違約金が発生したか
    例:保険金が少なくすぐに工事を頼めないと言ったら、違約金を請求された
  • リフォームや修理は確実に行われたか
    例:保険金が支払われた後、なかなかリフォームを始めてもらえない
  • 火災保険申請の不正がない
    例:嘘の理由で保険金を請求された
  • 不具合を過大申告されていない
    例:修理の必要がない箇所にも、不具合があるかのように言われた

優良業者の対応には、不可解な点や不明点が生じないよう、明確かつ丁寧に対応や説明をしてくれます。

住宅ほけんの
窓口

業者とやりとりする中で、丁寧な説明や対応がない場合には他の業者を検討しましょう。

業者の対応・説明が十分かどうか、サポートを心から頼みたい業者かどうかを見極めましょう。

火災保険申請サポートで、安心して申請を進めよう

火災保険申請サポートは、保険加入者側が損をせず給付金を受け取る上で、重要なサービスです。

火災保険申請では、保険について知識のない契約者が保険会社へ、被害を説明する必要があります。

申請された損害箇所が補償の対象か、給付金がいくらかを判断するのは、保険のプロである保険会社です。

住宅ほけんの
窓口

契約者がプロを説得して給付金をもらうという時点で、審査落ちのリスクも高く、加入者側が損をしやすい構造です。

住宅保険の窓口が評価される理由

保険加入者が火災保険申請サポートを利用すれば、もれなく確実に申請でき、損することなく高確率で給付金を受け取れます。

安心して依頼できる業者を見極めることで、確実な申請が可能です。

住宅ほけんの窓口では、以下の取り組みをしてもらえます。

住宅ほけんの窓口の取り組みの例

  • 利用者1人につき、専属の担当者が付く
  • 関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)・九州圏内(福岡県、大分県、佐賀県、熊本県、長崎県)なら、最短翌日に建物調査が可能

何人もの担当者が分業制で対応してしまうと、伝達漏れやたらい回しが発生し、対応自体のスピード感が遅くなるため、利用者としても対応に不満を感じてしまいます。

住宅ほけんの窓口では利用者ごとに担当者が1人付く上、関東や九州エリアならスピード感を持って建物調査まで進めます。

あくまで顧客目線を大事にしているからこそ、行き届いた対応・サービスを可能としています。

ここがポイント

安心して任せられる火災保険申請サポートを活用することで、より効率よく・確実な申請が可能です。

まとめ

給付金に関する詐欺トラブルに巻き込まれないためには、正しい知識を持ち、業者の見極め方を把握しておくことが大切です。

火災保険申請の給付金を損せず・確実に受け取るためにも、安心して依頼できる火災保険申請サポート業者を利用しましょう。


住宅保険の窓口
では、給付金が確定するまで費用は一切かかりません。お気軽にお問い合わせください。

cta_banner
受付時間 9:00~18:00 [土日祝日除く]