火災保険(申請)給付金とは?条件や受給金額の目安も解説

住宅ほけんの
窓口

火災保険に加入していれば、損害を受けた際に給付金を受け取ることが可能です。

火災保険に加入していれば、損害を受けた際に給付金を受け取ることが可能です。

給付金を受け取る条件や申請について、事前に把握しておきましょう。

火災保険の基本用語

火災保険には、さまざまな用語があります。

中には難しい言葉もあるため、あらかじめ定義を確認しましょう。

火災保険の基本用語

  • 火災保険とは何か
  • 火災保険の仕組み
  • 火災保険にまつわる用語を解説

火災保険とは何か

火災保険は、次のように定義される保険のことです。

火災保険とは

火災保険とは、建物と建物の中にある家具・什器などを保険の対象とし、補償する保険です。

保険の対象である建物や家具などの被害に応じて、保険会社から給付金を受け取れる制度です。

火災保険に加入していることで、住宅に関する火災や災害などのリスクに備えることができます。

損害部分の修理に必要な給付金を受け取れるか、金額はいくらかを判断するのは、保険会社です。

保険加入者は、火災保険申請にて被害状況をもれなく説明する必要があります。

マンションの火災保険とは?戸建・賃貸との違いや補償対象を解説

火災保険は、建物に住む人は加入がほぼ必須な保険です。 マンションなどの集合住宅に住む人は、戸建てに住む場合と違ったリスクがあります。 分譲・賃貸などのマンション…

火災保険の仕組み

保険とは、日常生活に起こり得るリスクに対して、同じ保険に加入する人々同士で補償し合う制度です。

住宅に住んでいれば、火災や災害などの被害を受けるリスクがあります。

被害の規模によっては、数百〜数千万円以上の損害を受けることもあるでしょう。

しかし、個人の資金でその金額を貯蓄しておくことは、必ずしも可能なことではありません。

貯蓄をしていたとしても、万が一の損害に対して十分な金額でなければ、不測の事態に対応しきれないでしょう。

保険は、同じようなリスクを抱える人から一定の保険料を集め、損害を受けた人には必要な保険金が支払われる「相互扶助」の仕組みです。

相互扶助とは

相互扶助とは、お互いにお金を出し合って、万が一の事態が起きた際に助け合うことです

保険に加入しておくことで、万が一の事態が起きたときに、保険金を受け取ってまかなうことができます。

火災保険にまつわる用語を解説

火災保険に関して、さまざまな用語があります。

火災保険に関する基本的な用語と、それぞれの意味は以下の通りです。

火災保険に関する用語

  • 給付金(保険金):補償の対象となる災害によって損害が生じたときに、保険会社から支払われるお金のこと
  • 保険料:保険加入者が会社に払うお金のこと
  • 保険の対象:保険により補償される対象物(建物、家財など)
  • 保険証券:保険に加入したことを証明する書類
  • 被保険者:保険契約によって補償を受ける人

火災保険の加入や申請をするときには、保険の専門用語が使われた書類を確認したり、記入したりする場面があります。

基本的な用語の意味を把握しておき、手続きで困ることのないようにしましょう。

わからないことがあれば、保険のプロに火災保険申請をサポートしてもらうこともできます。

火災保険でどれだけ負担が軽くなるか?
お気軽にご相談ください

火災保険に加入しているにもかかわらず、有効に活用できていないお客様が多数いらっしゃいます。

もしかすると修繕が必要な屋根や外壁の費用は火災保険で賄えるかもしれません。お気軽にご相談ください。

保険の仕組みや用語をある程度理解しておくことで、保険会社とのやりとりも円滑になるでしょう。

火災保険の給付金について

火災保険に加入していて、補償の対象となる損害を受けた際には、保険会社から給付金(保険金)がもらえます。

給付金の条件や金額の目安をご紹介します。

火災保険の給付金について

  • 火災保険の給付金とは
  • 給付金をもらえる条件
  • 給付金額の目安

火災保険の給付金とは

火災保険の給付金(保険金)は、損害が生じたときに、保険会社から支払われるお金のことです。

補償の対象となる災害や事故は、保険の契約プランによって定められています。

火災保険の給付金には、次の3種類から構成されています。

火災保険の給付金・3種類

  • 損害保険金:保険の対象の建物・家財に損害が生じたときに、損害に対して支払われる保険金
  • 費用保険金(見舞金):損害とは別に発生する費用を手助けする保険金
  • 地震保険金:保険の対象の建物・家財に生じた、地震の被害に対して支払われる保険金
    (地震保険に加入している場合のみ)

各災害・事故によって受け取れる給付金の種類や金額は、加入している保険のプランによって変動します。

被害を受ける前に、どのような被害に対していくらくらいの補償を受けられるのかどうか、事前に確認しておきましょう。

給付金をもらえる条件

給付金をもらうためには、次の条件を満たしている必要があります。

給付金をもらう条件

  • 保険の契約期間内の損害であること
  • 加入している補償の対象の損害であること
  • 経年劣化によるものでないこと

保険の契約期間内であれば、新築の家でも築年数が数十年の家でも、火災保険の給付金をもらうことが可能です。

また、加入している補償の対象に含まれていれば、軽微な損害でも給付金が降りることがあります。

逆に、補償の対象となるはずの被害でも、保険会社や保険の鑑定人に経年劣化であると判断されてしまうと、給付金を受け取れない可能性があります。

経年劣化によるものと勘違いをされないよう、十分な証拠などを用意して申請をしましょう。

給付金額の目安

給付金の金額の目安は、以下の通りです。

給付金額の目安

  • 戸建て:50〜150万円ほど
  • アパート・マンション:70〜200万円ほど

給付金の金額は、加入している保険のプラン内容や被害の程度によって大きく変動します。

被害が大きければ大きいほど修理に多額の費用がかかることから、給付金額も高くなります。

保険によっては、自分で負担しなければならない「免責金額」が定められていることもあるため、注意が必要です。

給付金の額は、保険のプランによっても変動します。補償の対象などに不安がある人は、早めに加入している保険のプランを見直しましょう。

火災保険の給付金を受け取る方法

火災保険の給付金は、被害があれば自動的に受け取れる訳ではありません。

給付金を受け取るための方法を理解し、必要なお金を確実に受け取れるようにしましょう。

火災保険の給付金を受け取る方法

  • 給付金を受け取るには、申請が必要
  • 火災保険申請の流れ
  • 火災保険申請サポートを使うのも賢い手段

給付金を受け取るには、申請が必要

火災保険の給付金を受け取る際には、火災保険申請の手続きにて以下の書類を提出が求められます。

台風被害を申請する際に必要な書類

  1. 保険金請求書(保険会社から送られるフォーマットを使用)
  2. 事故状況説明書(保険会社から送られるフォーマットを使用)
  3. 調査報告書(修理業者へ依頼)
  4. 修理の見積もり書(修理業者へ依頼)
  5. 被災箇所を示す証拠資料(屋根の被害がわかる写真など)

中でも、調査報告書や見積もり書は修理業者へ依頼する書類です。

修理業者へ「火災保険申請を考えている」と伝えておき、書類を準備してもらいましょう。

建物の被害状況がわかる証拠写真は、修理業者の現地調査の際に一緒に撮影してもらうと、再度自分で撮影する手間が省けます。

火災保険申請の流れ

火災保険申請の際には、以下の流れで手続きをします。

火災保険申請の流れ

  1. 保険会社への連絡
  2. 修理業者への連絡・見積もり依頼
  3. 書類(保険金申請書・事故状況説明書など)の作成
  4. 保険会社へ書類送付
  5. 申請の承認結果受け取り
  6. 修理業者との打ち合わせ・修理

火災保険申請では、保険会社ごとに定められたフォーマットに沿って被害状況を精緻に記入し、根拠となる資料を添付して送付します。

不備のない書類を送った後も、内容によっては被害の説明や現地確認への立ち合いを求められることもあります。

詳細な流れは、こちらのリンクから確認しておきましょう。

火災保険申請とは?基礎知識から補償対象、申請手順まで解決

火災保険は、住宅に住む人が、誰しも加入する必要のある保険です。 しかし、細かな定義や内容、いざという時の申請の詳しい方法について、正しく認識している人は少ないで…

火災保険申請サポートのご利用を検討しましょう

火災保険申請を行う際に、サポートを依頼することも可能です。

サポートを依頼した場合、給付金を受け取れた際には、金額に対して数十%の手数料を支払います。

ほとんどのサポート業者は、給付金が受け取れた時のみ手数料を徴収する仕組みのため、給付金が降りなかった際に、無駄な費用が発生することはありません。

手数料を支払う分、保険のプロが書類作成や説明を手伝ってくれるため、加入者本人の時間や労力はセーブできます。

また、プロの視点と知識で必要な根拠を用意・説明できるため、結果として給付金の認定率や、受け取れる金額を高められる傾向があります。

信頼できる業者を選んでサポートを依頼することで、火災保険申請を効率よく、確実に完結させられます

給付金を確実に受け取るためにも、火災保険申請をスムーズに進められるよう工夫しましょう。

まとめ

火災保険の給付金を受け取るためには、確実に申請手続きを進める必要があります。

保険の手続きには、用語や書類が難しく感じる人も多いものです。

火災保険申請サポートを活用して、賢くスムーズに申請を進めましょう。

無料調査実施中!

実は、約90%の方が保険料の申請漏れで損をしています。
面倒な作業は全てこちらでサポートします。
まずは保険金がいくらおりるかお気軽にご相談ください。

簡単1分 スピード診断