火災保険の無料調査とは?メリット・デメリットを比較

住宅ほけんの
窓口

火災保険申請サポートでは、無料調査が利用できます。

火災保険申請の際に使える無料調査の詳細や、かしこい利用方法をご紹介します。

本記事はこんな人におすすめです
  • 無料調査の利用を検討している
  • なぜ無料でできるのか知りたい
  • 無料調査の活用方法を知りたい

火災保険の無料調査とは

火災保険申請サポートのサービスの1つに、火災保険の無料調査があります。

調査が無料でできる理由や、調査の内容を把握しておきましょう。

火災保険の無料調査とはなにか

  • 無料調査とは
  • 実際に何するの?
  • なぜ無料でやってもらえるの?

無料調査とは

火災保険申請サポートでおこなう調査は、以下の意味で定義されます。

火災保険申請サポートでおこなう調査とは

火災保険申請可能な箇所を探すために、建物全体を点検する調査

一部の火災保険申請サポート業者は、火災保険申請できる箇所を探す調査を無料でおこなっています。

住人の目からは気が付かないような、目の届かない高所やわずかな損傷も見つけてもらえます。

無料調査は何するの?

無料調査では、調査対象となる建物・家財を点検します。

住宅ほけんの
窓口

必要な箇所は撮影され、火災保険申請で損害を受けた証拠資料に使われます。

建物1軒あたりの調査にかかる所要時間は、平均1~2時間ほどです。

なぜ無料調査をやってもらえるの?

建物の調査は、その後の火災保険申請サポートのきっかけとなるため、無料でやってもらえます。

調査自体は無料でおこなっているため、火災保険申請できる損害箇所が見つからなかった場合には、負担は0円です。

もし申請可能な損害が見つかった場合、調査してもらった火災保険申請サポート業者へのサポート依頼が可能です。

サポートを依頼して火災保険申請し、給付金が受け取れた場合にのみサポート料を支払います。

住宅ほけんの
窓口

火災保険申請サポートのサポート料は、30〜50%が相場です。

ただし、中には無料調査を謳った詐欺被害も発生しています。

相談料・調査量・交通費・損害がなかった場合の費用は、事前に必ず確認しましょう

火災保険申請サポートの手数料は?安心して利用するための方法を解説

手数料の相場や安く抑える方法、悪徳業者などのリスクについて知り、損をしないようにしましょう。 火災保険申請サポートについて 火災保険申請サポートは、火災保険申請…

ここがポイント!

無料調査を依頼することで、利用者は初心者では見つけられないような被害を無料で発見でき、火災保険申請サポートも依頼できます。

無料調査のメリット・デメリット

無料調査はメリットも大きいですが、デメリットやトラブル事例もあります。

実際にあったトラブル事例や、メリット・デメリットを理解した上で検討しましょう。

無料調査のメリット・デメリット

  • 無料調査を利用するメリット
  • 無料調査を利用するデメリット
  • 実際にあったトラブル

無料調査を利用するメリット

火災保険申請サポート業者の無料調査を利用するメリットは、以下の通りです。

無料調査を利用するメリット
  • プロの視点で損傷をもれなく見つけてもらえる
  • そのまま申請までサポートしてもらえる
  • 修理に必要な給付金額を受け取りやすい

無料調査を利用することで、普段は目の届かない箇所・小さな損傷箇所ももれなく見つけられます。

見つかった損傷箇所は、そのまま申請までサポートしてもらえます。

住宅ほけんの
窓口

保険のプロである火災保険申請サポートのスタッフから、申請のお手伝い・アドバイスを受けられます。

火災保険申請サポートでプロのアドバイスをもらえれば、提出すべき書類作りもスムーズです。

結果として、修理に必要な給付金額を受け取りやすくなります

火災保険申請サポートのメリットを解説!口コミも知らないと損?

火災保険申請サポートの口コミから、利用するかどうかを判断しましょう。 火災保険申請サポートについて 火災保険に加入している方が損害を受けた際は、給付金を受け取る…

無料調査を利用するデメリット

無料調査の利用にはデメリットもあります。

無料調査を利用するデメリット
  • 損害箇所が見つかった場合には、サポートの営業を受けやすい
  • 無料調査をキャンセルする場合、キャンセル料が必要な場合がある
  • 業者の見極めが難しい

無料調査で、損傷箇所が見つかった際には火災保険申請サポートの営業を受けやすくなります

住宅ほけんの
窓口

火災保険申請サポートを依頼して給付金が受け取れた場合、サポート料の支払いが必要です。

無料調査を依頼する際は、火災保険申請サポートの利用も検討しておきましょう。

無料と謳いながら諸費用を請求してくる・火災保険申請サポートで詐欺まがいのトラブルを起こす悪徳業者もいます。

無料調査を依頼する際は、業者の見極めが必要です。

実際にあったトラブル

火災保険の無料調査では、実際に以下のトラブルが発生しています。

無料調査で実際にあったトラブル
  • 急に訪問してきて、修理を焦らせるような営業トークをされた
  • 調査を装い屋根に登って、一部を故意に壊された
  • 不利な契約を結ばされていた
  • 法外な手数料・費用を請求された

火災保険申請サポート業者の中には、飛び込みでの訪問営業・調査で、緊急性をアピールする営業担当者がいます。

「至急修理が必要」と伝えて住人を焦らせ、お得さんを前面に押し出して、契約を迫ってきます。

焦って契約した内容が、後からよく見たら不利な内容であることも多いため、最悪の場合詐欺トラブルなどの被害に発展してしまいます。

ここがポイント!

無料調査でのデメリットやトラブルの事例を把握しておき、信頼できる業者を見極めましょう。

調査前契約か調査後契約で判断を!

無料調査は信頼できる火災保険サポート業者へ依頼することで、その後の申請までスムーズに進めます。

無料調査のかしこい利用方法をご紹介します。

無料調査の見極め方

  • 【重要】調査前の契約か・調査後の契約後かがポイント
  • 信頼できる火災保険申請サポート業者の見極め方

【重要】調査前の契約か・調査後の契約かがポイント

火災保険申請サポート業者は、火災保険申請サポートの無料調査前に契約をおこなうか無料調査後に契約をおこなうかの2つの形式に分類されます。

無料調査前後で契約するかによって、以下の違いがあります。

無料調査前に契約する場合
無料調査後に契約する場合
  • 調査は無料
  • 調査・申請サポートの実施が前提
  • 調査後にキャンセル料が必要
  • 調査は無料
  • 調査後に申請サポートの契約を判断
  • キャンセル料はなし

調査自体はどちらも無料です。

無料調査前に調査や火災保険申請サポートの契約をおこなう形式、調査の結果、火災保険の補償対象見つからなかった場合も、火災保険申請サポートのキャンセルができません(キャンセル料が必要です)

また、無料調査前の契約では、調査前に調査自体もキャンセルできないため、無料調査をキャンセルするためにキャンセル料が必要です。

一方で、無料調査後の契約形式では、調査の結果、火災保険の補償対象が見つからなかった場合、キャンセル料も追加費用もかかりません。

調査の結果、火災保険の補償対象が見つかった場合、自分で火災保険申請をおこなうか、火災保険申請サポートを依頼するか決めることができます。

住宅ほけんの
窓口

おすすめは調査後の契約をおこなう形式の無料調査です。

信頼できる火災保険申請サポート業者の見極め方

ます信頼できる火災保険申請サポート業者は、丁寧かつ親切に対応してくれます。

無料調査を依頼する際に、信頼できる 火災保険申請サポート業者は以下の点で見極めましょう。

信頼できる業者の見極め方
  • 会社のホームページがある
  • むやみに不安をあおらない
  • 専門用語ではなく、わかりやすい説明をしてくれる
  • 原因・修理前・後の参考画像を見せてくれる
  • 調査後に契約書を作成してくれる
  • 調査の許可を取ってから、屋根に上がる
  • 見積もり書の代金が、明瞭かつ詳細に記載されている
  • 値引きに根拠がある

優良業者は、各対応の中で明確に情報を提供してくれます。

後からトラブルに発展することを防ぐためにも、調査の前には、わかりやすい説明(キャンセル料の有無)・調査の許可を取ってくる行動があるかを必ず確認しましょう。

また、火災保険申請サポートは調査後に契約を促す業者が優良業者といえます。

住宅保険の窓口は無料調査後のご契約を徹底!

住宅ほけんの
窓口

住宅ほけんの窓口では、無料調査後のご契約(火災保険申請サポート)を徹底しているため、キャンセル料・調査に必要な負担は一切かかりません。

火災保険申請サポートを利用することで、保険加入者側が損をせず、スムーズに申請できます。

火災保険申請では、保険について知識のない初心者が保険会社へ被害を説明し、保険のプロである保険会社が補償の有無・補償金額を判断します。

住宅ほけんの窓口では、以下の取り組みをしてもらえます。

住宅ほけんの窓口の取り組みの例

  • 利用者1人につき、専属の担当者が付く
  • 関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)・九州圏内(福岡県、大分県、佐賀県、熊本県、長崎県)なら、最短翌日に建物調査が可能

何人もの担当者が分業制で対応してしまうと、伝達漏れやたらい回しが発生しやすくなります。

対応自体のスピード感が遅くなると、対応に不満を感じてしまう利用者が増えます。

住宅ほけんの窓口では利用者ごとに担当者が1人付く上、関東・九州エリアの方なら、スピード感を持って建物調査まで進むことができます。

住宅ほけんの
窓口

あくまで顧客目線を大事にしているからこそ、行き届いた対応・サービスが実現します。

信頼できる火災保険申請サポート業者を見極めて、申請サポートを依頼し、確実な火災保険申請をしましょう。

無料調査後に火災保険申請サポートを依頼できるから安心!

住宅保険の窓口はキャンセル料が必要な調査前契約ではなく、無料調査実施後のご契約を徹底しております。
調査の結果、補償対象が見つからなかった場合も一切費用は掛かりません。

また、火災保険申請サポートの有無は、調査後、お客様にご判断いただいております。

まとめ

火災保険の無料調査は、火災保険申請サポートを依頼するところまで見越して、業者を選ぶ必要があります。

信頼できる業者を見極めて、かしこく火災保険申請サポートを利用しましょう。


住宅保険の窓口
では、給付金が確定するまで費用は一切かかりません。お気軽にお問い合わせください。

cta_banner
受付時間 9:00~18:00 [土日祝日除く]