火災保険申請サポートのメリットを解説!口コミも知らないと損?

火災保険申請には、難しいと言われる申請手続きをサポートしてくれる業者がいます。

火災保険申請サポートの口コミから、利用するかどうかを判断しましょう。

火災保険申請サポートについて

火災保険に加入している方が損害を受けた際は、保険金を受け取るための申請手続きが必要です。

火災保険申請サポートは、申請手続きをお手伝いするサービスです。

火災保険申請サポートとは

火災保険申請サポートは、専門家が申請のプロセスをお手伝いするサービスです。

火災保険申請は、素人の方では根拠の証明が難しく手間もかかります。

申請しても保険金が必ずもらえる訳ではなく、時間をかけて手続きしたにもかかわらず、保険金が下りなかったり、実際の金額が申請額より少なかった方も多いのが現状です。

専門家のサポートを受けることで、結果として認定率や保険金の金額を適正となる可能性あります。

火災保険申請サポートとは

火災保険申請サポートとは、専門家が申請のプロセスをお手伝いするサービスです

火災保険申請サポートのメリット

火災保険申請サポートを利用することで、以下のようなメリットがあります。

火災保険申請サポートを利用するメリット

  • 損害箇所をもれなく申請できる
  • 申請の手間や時間を省ける
  • 保険金を受け取れる確率が上がる

火災保険申請サポートでは、火災保険や住宅の修理について専門知識を持つプロが、申請手続きをお手伝いします。

プロの視点があれば、素人目では気づけないような損害箇所も、もれなく見つけて申請できます。

補償の対象であることを証明する根拠や記載方法も、プロに相談できるため、初めての申請でも安心です。

結果として、必要な保険金を受け取れる可能性が高まり、損をすることは少ないでしょう。

火災保険申請サポートのデメリット

火災保険申請サポートのデメリットは、詐欺などのトラブルに巻き込まれる可能性です。

本来、火災保険申請は加入者本人が行うものですが、火災保険申請サポート以外目的とした悪徳業者が、知識のない保険加入者の弱みにつけ込んで、多額の金銭を請求するトラブルが多発しています。

悪徳業者は、「タダでで修繕ができる」「建物の状態が悪い箇所がある」などと言って保険加入者の不安を煽ります。

多額の金銭や、リフォーム案件獲得、保険の営業を目的としていることもあり、火災保険申請を手伝うことを口実に、強引に契約を迫ることがあります。

もしサポートを依頼する際には、業者をしっかりと選び、詐欺などのトラブルに巻き込まれないように注意しましょう。

火災保険申請サポートについて

火災保険申請サポートの良い口コミ

火災保険申請サポートには、以下のような良い口コミがあります。良い口コミから、サポートを依頼するメリットを確認しましょう。

火災保険申請サポートの良い口コミ

  • 良い口コミ①:諦めていた損傷も対象に
  • 良い口コミ②:思ったより大きな金額
  • 良い口コミ③:楽に申請完了

良い口コミ①:諦めていた損傷も対象に

加入者が諦めていた損傷も、火災保険申請サポートを利用して、保険金を受け取れた事例があります。

火災保険の補償の対象は、火災による損害以外にも、自然災害による損傷や事故による損害などが含まれます。

過去3年以内の損傷箇所であれば、さかのぼって申請することも可能です。

しかし、屋根などの見えにくい場所や小さめの損傷箇所、古い家屋の損害だと、加入者本人が気づかなかったり、補償の対象にはならないと、申請せずに決めつけてしまったりすることがあります。

火災保険申請サポートの業者なら、建物の小さな損傷も見逃さず、第三者目線で鑑定してくれます。

申請する際にも、補償の対象であることを証明する写真の撮り方や記載の仕方について相談できます。

結果として、加入者が諦めているような損傷箇所についても、保険金が受け取れることがあります。

良い口コミ②:思ったより大きな金額

火災保険申請サポート業者に依頼したことで、想定よりも保険金の金額が高かったという方もいます。

多くの保険加入者は、屋根や外壁の損傷について、どのくらいの保険金が降りるのかを正しく知りません。

損傷箇所をくまなく調べて、修理会社に正しい見積もりを依頼して申請すると、思っていたよりも大きな金額がかかり、驚くかもしれません。

火災保険申請サポートを利用すれば、プロのアドバイスを受けながら申請手続きできるため、必然的に十分な額の保険金を受け取れる確率が高まります。

なお、手数料は保険金が受け取れたときのみ、金額に対して数十%を徴収される場合がほとんどなため、保険金より手数料が多くかかって損になることもありません。

良い口コミ③:楽に申請完了

火災保険申請サポートを依頼すれば、1人きりで申請手続きするよりも、負担が少なく楽に申請を終えられます。

火災保険申請の手続きは、保険の知識がない人には難しいと言われています。

保険会社への損害を正しく伝える連絡や、不備のない申請資料の準備、損害箇所を漏れなく申請するなど、一つひとつの手続きを注意深く進めなければなりません。

保険の知識のない素人が申請するとなれば、正しい手法や注意点を1から調べつつ行う必要があり、時間と労力がかかります。

また、それだけの労力や時間をかけても、もし経年劣化だと判断されて審査落ちしてしまえば、保険金は受け取ることができません。

プロの業者にサポートをしてもらうだけで、コツを押さえながら最小限の負担で申請が完結し、保険金を受け取れる確率もアップさせられます。

火災保険申請サポートの悪い口コミ・トラブル回避方法

火災保険申請サポートには、悪い口コミもあるのが事実です。良くない口コミから、サポートを依頼する際の注意点や、トラブルを回避する方法を確認しましょう。

火災保険申請サポートの悪い口コミ・トラブル回避方法

  • 悪い口コミ①:法外な手数料・違約金
  • 悪い口コミ②:虚偽の申請
  • 悪い業者を回避する方法

悪い口コミ①:法外な手数料・違約金

火災保険申請サポートを依頼したにもかかわらず、実際に支払う手数料や違約金で高くついてしまったという声もあります。

サポートしてもらっても、審査落ちで保険金を受け取れなかったり、受け取れた保険金が少なかったというケースはゼロではありません。

保険金が修理の見積もりよりも少なければ、すぐに修理を頼めない状況になることも考えられます。

ただ、業者によっては、契約書に書いてあった手数料の項目を後から強調してくる場合や、当初の工事ができないなら違約金がかかると脅してくることもあるようです。

見積もりや契約の際には、前もって業者の情報を調べたり、契約書の内容を細かく確認することで、後々トラブルに巻き込まれることのないようにしましょう。

悪い口コミ②:虚偽の申請

火災保険申請サポートの際に、実際には損害でない箇所について、嘘の理由で保険金を申請するよう、強要されたケースもあります。

悪徳業者によっては、「保険金を使えば、自己負担なしでリフォーム・修理ができる」という謳い文句を売りにして近寄ってきます。

特に、リフォームや修理の契約を本目的としている業者の場合、リフォームや修理の代金を高額にしようと試みてくるものす。

また、保険申請をサポートする際には「うまくやっておくので大丈夫、任せて欲しい」などと説得して、負荷を軽減する代わりに、保険申請を都合よく利用してきます。

火災保険申請は、あくまで加入者本人が行うものです。

代行する、任せるなどの文言を口にする業者は、警戒した方が良いでしょう。

悪い業者を回避する方法

悪い口コミに記載があるような、火災保険申請サポートのトラブルは、増加傾向にあります。

特に、大規模な災害が多発している近年は、火災保険申請の件数が増えるとともに、悪徳業者の動きも活発になっているようです。

悪い業者によるトラブルの被害に巻き込まれないように、以下のことに注意しましょう。

悪い業者を回避する方法

  • 業者についての情報収集、比較検討する
  • 契約の前に、契約書にはしっかりと目を通す
  • 代金や初期費用の支払いタイミングを確認する(保険金が降りる前なら注意)

火災保険申請サポート業者を選ぶ際には、ネットなどで情報収集し、比較検討してみましょう。

その上で、契約書にしっかりと目を通し、おかしなポイントや気になる点がないかを確認します。

特に、「リフォーム・修理することが必須になっている」、「リフォーム・修理しない場合に違約金が発生する」などを意味する記載がないか、注意して確認が必要です。

また、保険金が受け取れるかわからない段階で、初期費用を納める必要があったり、成果にかかわらず代金を徴収されるケースには要注意です。

十分な金額の保険金が降りなかった場合に、自己負担が発生することがあります。

火災保険申請サポートの事業を行っているのは、決して悪徳業者だけではありません。

ルールに則って、正しく契約・サポートを行ってくれる優良業者かどうかをしっかり見極めた上で、サポートを依頼しましょう。

まとめ

難しい火災保険申請は、プロの業者による申請手続きを利用すれば、負担が少なく済み、保険金を受け取れる確率もアップする傾向があります。

しかし、中には悪徳業者の詐欺・トラブル被害に遭った事例もあり、悪い口コミもゼロではありません。

火災保険申請サポートを利用する際には、情報収集や契約内容の確認を怠らず、優良な会社かを見極めた上で、依頼しましょう。

無料調査のご相談

実は、約90%の方が保険料の申請漏れで損をしています。
面倒な作業は全てこちらでサポートします。
まずはお気軽にご相談ください。

住宅ほけんの窓口