火災保険申請時の落とし穴や必要性を解説

難しい火災保険申請の手続きを、サポートしてくれるサービスがあります。

火災保険申請サポートとは

火災保険に加入している方が損害を受けた際には、保険金を受け取れるよう、申請の手続きが必要です。

火災保険申請サポートは、損害の申請をお手伝いするサービスです。

火災保険とは

そもそも火災保険とは、建物と建物の中にある家具や什器などを「保険の対象」とし、補償する保険です。

保険は、保険の対象ごとに加入が必要です。

保険の対象の被害に応じて申請をし、保険会社から補償されます。

補償とは

補償とは、損害に対しての保険金が支払われることです

注意点として、家具などの補償を受けたい場合には、事前に動産についても火災保険を申し込む必要があります。

もし建物だけに保険をかけた場合、火事で家が燃えてしまった際の保険金は、あくまで建物が受けた被害の分だけです。

「動産」と呼ばれる、家具や什器の被害については、保険金を受け取れません。

なお、火災保険は、火災で家が燃えてしまったとき以外にも、落雷や台風、水害などの自然災害や、水濡れ・盗難など事故も補償の対象となることがあります。

保険の対象・補償の対象を理解し、損することがないようにしましょう。

火災保険申請の手順

火災保険申請でやることは、以下の6ステップです。

保険会社への連絡

STEP
1

屋根修理業者への連絡・見積もり依頼

STEP
2

書類(保険金申請書・事故状況説明書)の作成

STEP
3

保険会社へ書類送付

STEP
4

申請の承認結果受け取り

STEP
5

屋根修理業者との打ち合わせ・修理

STEP
6

火災保険申請では、保険金をもらうために、災害による被害状況を報告する必要があります。

連絡する際には、保険証書を手元に用意し、いつ・どこで・どんな被害に遭ったのかを伝えましょう。

火災保険申請をする際に、最も手こずりがちなのが、書類の作成です。

一般的には、連絡の後で、保険会社から保険金申請書と事故状況説明書のフォーマットが届きます。

提出の際には、フォーマットと追加書類を加えた、合計4点を添付します。

火災保険申請に必要な提出書類

  • 保険金申請書
  • 事故状況説明書
  • 被災状況の写真(5枚以上がベター)
  • 修理・修繕に必要な費用の見積書

申請書の内容や添付する写真は、被害状況を判断される根拠資料です。

被害がしっかりと伝わるように、内容を考慮し、記載しましょう。

もし、申請書に誤字脱字があった場合には、修正し再度郵送しなければなりません。

誤字脱字に注意しつつ、被害状況が確実に伝わるように、記載する必要があります。

火災保険申請サポートとは

火災保険申請サポートは、専門家が申請のプロセスをお手伝いするサービスです。

火災保険は、申請したとしても、保険金が必ずもらえる訳ではありません。

素人の方では根拠の証明が難しく手間もかかります。

しかし、手間をかけて書類を準備したにもかかわらず、保険金が下りなかったケースも多いのが現状です。

専門家のサポートを受けることで、結果として認定率や保険金の金額をアップする可能性あります。

火災保険申請サポートとは

火災保険申請サポートとは、専門家が申請のプロセスをお手伝いするサービスです

火災保険申請サポートを利用しないリスク

火災保険申請サポートを利用しないリスク

火災保険申請の際に、サポートを利用しないで自分で申請をする場合には、次のようなリスクが考えられます。

火災保険申請サポートを利用しないリスク

  • 手続きが難しい
  • 審査落ちすることがある
  • 申請漏れが起こる

申請手続きが難しい

一般的に、火災保険申請の手続き自体が、知識のない人には難しいと言われています。

申請上で意識することは、保険会社への損害を正しく伝える連絡や、不備のない申請資料の準備、損害箇所を漏れなく申請するなど、多岐に渡ります。

保険の知識のない素人が申請するとなれば、正しい手法や注意点を調べながら行う必要があり、時間と労力がかかります。

審査落ちすることがある

難しい申請手続きに時間と労力をかけても、必ずしも審査が通るとは限りません。

審査落ちの1番の要因が、損害箇所を「経年劣化」とみなされてしまうことです。

経年劣化とは

経年劣化とは、時間の経過により自然と起こる、色褪せや機能不全などの劣化を指します。

建物は年月が経てば、劣化する箇所が出てくるものです。しかし、経年劣化は火災保険の補償の範囲外です。

申請された損害箇所が、火災や自然災害による損害か定かではない場合には、保険会社は「経年劣化」と判断する傾向があります。

よって、実際に損害があった箇所だとしても、審査に落ちてしまうケースがあります。

知らないうちに申請の時効を迎える

火災保険の時効は、損害の発生から3年です。

3年を過ぎた損害は、当然火災保険の補償の対象外です。

火災や自然災害が発生してから3年以内に、申請手続きが必要です。

また、3年を過ぎていないにもかかわらず、請求できる権利を知らずに申請しない人がいます。

日が経てば経つほど、被害箇所の特定がしにくくなるため、損害に気づかず申請し忘れる場合もあります。

火災保険申請サポートの必要性

火災保険申請サポートが多くの方にとって必要な理由は、以下の通りです。

火災保険申請サポートの必要性

  • サポートの内容
  • サポートの必要性
  • サポートを受けることのメリット

サポートの内容

火災保険申請サポートは、一般的に以下の流れで進みます。

ヒアリング

STEP
1

建物調査

STEP
2

保険会社への書類提出

STEP
3

保険会社からの指摘事項対応

STEP
4

審査結果通知

STEP
5

サービスや会社ごとに多少の差がありますが、建物調査・書類作成・指摘事項対応の3点をサポートしてもらえることが多いでしょう。

建物調査では、対象の物件を1時間ほどかけて調査し、専門知識を持つスタッフが、損害箇所をくまなくチェックします。

立ち会いが必要な場合もありますが、素人では気づかない損害箇所まで確認してもらえます。

書類作成は、注意事項も意識しながら記入し、不備がないか確認するとなると、本来数時間かかる作業です。

サポートを利用すれば、保険会社からフォーマットを取り寄せるだけで済み、手間を削減できます。

もし、書類だけで損害が認められない際には、保険会社に対して被害の説明や現地確認の立ち合いをする必要があります。

火災保険申請サポートによっては、指摘事項への対応も一緒に行ってもらえるため、安心です。

サポートの必要性

火災保険申請サポートは、保険加入者側が、損をしないために重要だと言えます。

本来保険申請は、保険について知識のない素人が、保険会社へ不備なく被害を説明する必要があります。

損害が補償の対象かを判断するのは、保険のプロである保険会社です。

素人が、プロを説得して保険金をもらうという時点で、かなり損をしやすい構造です。

実は、火災保険加入者の多くが、火災保険申請をするほどの被害に遭っていないと認識しており、申請を行っていないというデータがあります。

しかし、素人目には気づかないような小さな損害だとしても、場合によっては火災保険の補償対象です。

また、被害の説明がもれたり、不十分だったりしたせいで、もらえるはずの保険金額よりも、受け取った金額が少なくなってしまうケースもあります。

保険加入者がサポートを利用し、もれなく確実に申請することで、損せずに保険金を受け取ることが可能です。

サポートを受けることのメリット

火災保険申請サポートを利用することで、以下のようなメリットがあります。

火災保険申請サポートを利用するメリット

  • 損害箇所をもれなく申請できる
  • 申請の手間や時間を省ける
  • 保険金を受け取れる確率が上がる

火災保険申請サポートでは、プロが申請をお手伝いします。

よって、素人では気づけないような損害箇所をもれなく申請できます。

また、補償の対象であることを証明する根拠や記載方法をプロに相談できます。

結果として、必要な保険金を受け取れる可能性が高まり、損をすることは少ないでしょう。

まとめ

火災保険申請は、保険金を確実に受け取るために、災害による被害状況を報告する必要があります。

保険の知識がないまま申請を行うと、申請もれや説明不足などで、保険金を受け取れなかったり、本来の金額より減額されることもあります。

火災保険申請で損をすることがないよう、プロのサポートを受けることを検討してみてはいかがでしょうか。

無料調査のご相談

実は、約90%の方が保険料の申請漏れで損をしています。
面倒な作業は全てこちらでサポートします。
まずはお気軽にご相談ください。

住宅ほけんの窓口