火災保険申請サポートの会社の選び方3つ

火災保険申請サポートのサービスを展開している会社は、多数あります。

優良なサービスを提供する会社も多い一方で、知識のない保険加入者に取り入る悪徳業者も増加しつつあります。

火災保険申請で損をすることがないよう、火災保険申請サポート業者の上手な選び方を見ていきましょう。

火災保険申請サポートとは

火災保険は加入している人がほとんどである反面、基礎的なことでもあまり知らないという人も多いものです。

そもそも、火災保険申請の手続き内容や火災保険申請サポートが何をするものか、確認しましょう。

火災保険申請サポートとは

  • 火災保険とは
  • 火災保険申請でやること
  • 火災保険申請サポートとは

火災保険とは

火災保険は、以下のように定義されます。

火災保険とは

火災保険とは、建物と建物の中にある家具や什器などを「保険の対象」とし、補償する保険です。

火災保険は、住宅にかける保険の一つです。

一般的には、住宅の購入や賃貸契約をするタイミングで、何かしらの火災保険に加入します。

補償の対象となる建物や家財の被害について、損害の具合に応じた保険金が保険会社から支払われます。

被害の修理などに必要な金額の保険金を受け取るためには、加入者による「火災保険申請」が必要です。

被害箇所に対して保険金を支払うかどうかや、保険金の金額が妥当であるかを判断するのは、保険会社側です。

提出された書面上だけでは判断できない場合には、保険会社から保険鑑定人が被害現場へ派遣されることもあります。

保険の加入者は、申請時の連絡や書類などで根拠を提示し、被害状況を詳しく説明する必要があります。

火災保険申請でやること

火災保険申請でやることは、次のような内容です。

火災保険申請の内容

  1. 保険会社への連絡
  2. 修理業者への連絡・見積もり依頼
  3. 書類(保険金申請書・事故状況説明書)の作成
  4. 保険会社へ書類送付
  5. 申請の承認結果受け取り
  6. 修理業者との打ち合わせ・修理

火災保険申請では、保険会社へ火災や自然被害による被害を受けたことを説明し、証拠となる資料を提出します。

申請の際には、電話やウェブ上のフォームでの記入に加えて、書類の提出をすることがほとんどです。

書類は、保険会社ごとに定められたフォーマットを使用して被害状況を精緻に記入します。

また、被害箇所の写真など、被害の根拠となる資料を添付して提出します。

不備のない書類を提出した後も、審査の対象によっては、被害の追加説明や現地確認への立ち合いを求められることがあります。

保険会社の指示に従って、確実に申請を進めましょう。

火災保険申請サポートとは

火災保険申請サポートは、建物・保険双方の知識がある業者による、火災保険申請をお手伝いするサービスのことです。

サポートを依頼した際には、建物の調査から書類の作成まで、プロの知見を借りながらスムーズに完了させられます。

サポートを受けて保険金を受け取れた際には、金額に対して数十%の手数料が発生します。

ただし、成功報酬型のため、万が一審査に通らず保険金が受け取れない結果になってしまっても、利用者に無駄な費用が発生する心配はありません。

手数料がかかる分、プロが書類作成や説明を手伝ってくれるため、利用者本人の時間や労力はセーブできます。

プロの視点と知識のサポートを受けることで、保険金の認定率や受け取れる金額がアップする傾向があります。

信頼できる業者を選んでサポートを依頼することで、火災保険申請を効率よく、確実に完結させられます

火災保険でどれだけ負担が軽くなるのか?
お気軽にご相談ください

火災保険に加入しているにもかかわらず、有効に活用できていないお客様が多数いらっしゃいます。

もしかすると修繕が必要な屋根や外壁の費用は火災保険で賄えるかもしれません。お気軽にご相談ください。

火災保険申請サポートを悪用したリスク

火災保険申請サポートは、上手に活用すれば大変便利なサービスです。

その反面、悪い業者を選んでしまうと、詐欺などのトラブルに巻き込まれるリスクがあります。

悪徳業者を選ばないためのポイントを押さえて、損のない火災保険申請を行いましょう。

火災保険申請サポートのリスク

  • 詐欺に注意
  • 悪い業者を回避する方法
  • 良い業者を選ぶポイント

詐欺に注意

火災保険申請サポートを悪用して、悪徳業者による詐欺などのトラブルが相次いでいます。

背景として、近年自然災害による被害件数が増加していることが考えられます。

自然災害の発生後は、被害を受けた地域を中心に、修理業者や火災保険申請サポート業者によるネット広告・訪問販売などが増える傾向があります。

あまり保険について知識のない保険加入者は、セールストークの矛盾点や不利な契約内容などに気づきにくく、業者の言うことに乗せられやすいものです。

例えば、「火災保険を利用すれば、家の修繕を負担なくできる」などの謳い文句で契約を結んだ上で、実際には火災保険申請をせず、後々高額請求してくる事例があります。

手間がかからず、お得に修理までできるなら、と騙されてしまう保険加入者が多いのが実態です。

十分に比較検討しないまま契約してしまうこともあり、結果として高額請求や詐欺の被害に遭ってしまうケースが発生しています。

もちろん、PRしている会社の中には、健全に火災保険申請サポートを行ってくれる、信頼できる優良業者もあります。

しかし、中には悪徳業者と呼ばれる、不当な契約や請求を強要してくる会社もいるのが事実です。

せっかくの火災保険申請サポートを受けて損をしないためにも、業者選びに注意する必要があります。

悪い業者を回避する方法

悪い業者によるトラブルに巻き込まれないためにも、次の行動を心がけましょう。

悪い業者を回避する方法

  • 業者についての情報収集、比較検討する
  • 契約の前に、契約書にはしっかりと目を通す
  • 代金や初期費用の支払いタイミングを確認する(保険金が降りる前なら注意)

火災保険申請サポート業者を選ぶ際には、まずインターネットなどで情報収集し、比較検討してみましょう。

電話や訪問によるセールス、投函チラシ、ネット広告などの中には、悪徳業者が混じっていることも多いものです。

セールストークを聞いたとしても、その場で焦って契約してしまうことはなるべくせず、一度検討を希望しましょう。

ネットで企業のホームページや口コミから情報収集し、他社との比較を行います。

もし、気になる点や不透明なことがあるサポート業者であれば、他社も併せて検討するのがベターです。

検討した上で契約する際には、契約書にしっかりと目を通し、おかしなポイントや気になる点がないかを十分に確認しましょう。

特に、「リフォーム・修理することが必須になっている」、「リフォーム・修理しない場合に違約金が発生する」などを意味する記載がないか、注意が必要です。

もし、保険金が受け取れるかわからない段階で、初期費用を納める必要があったり、成果にかかわらず代金を徴収されたりするなら、「一度検討させてほしい」と契約を保留した方が無難です。

仮に、早い段階で費用を支払うような契約を結んでしまうと、十分な金額の保険金が降りなかった場合でも、自己負担が発生してしまいます。

大半の保険加入者は、火災保険についての十分な知識がなく、火災保険申請に慣れていません。

そのため、知識のない保険加入者が、業者から狙われてしまうケースが多く発生しています。

悪い業者に騙されてしまうことのないよう、十分な検討と確認をしてから、契約に進みましょう。

良い業者を選ぶポイント

火災保険申請サポートを行っているのは、決して悪徳業者だけではありません。

健全にサポートを行ってくれる良い業者を選ぶために、以下のポイントに着目して業者選びをしましょう。

良い業者の選び方

  • 申請を代行する会社は選ばない
  • 訪問・電話営業してくる会社は選ばない

大前提として、火災保険申請の「代行」という言葉を使う会社は選ばないようにします。

似た表現として、「すべて任せてくれれば、タダでリフォーム・修理ができる」などの文言を掲げている会社には注意しましょう。

そもそも火災保険申請は加入者本人が行うものであり、第三者が代理で申請することは法律で禁止されています。

もし加入者本人にそのつもりがなかったとしても、「保険金詐欺」とみなされてしまいます。

保険会社に知られた場合には、保険金が支払われないだけでなく、契約の強制解約や訴訟問題に発展する場合もあります。

代行を売りにしている業者は、まず選ばないのが無難です。

また、訪問や電話などのセールスがあっても、情報収集をする前にその場で契約することは避けます。

情報収集や比較検討をし、適切に契約・サポートを行ってくれる業者かどうかをしっかり見極めた上で、サポートを依頼しましょう。

火災保険でどれだけ負担が軽くなるのか?
お気軽にご相談ください

火災保険に加入しているにもかかわらず、有効に活用できていないお客様が多数いらっしゃいます。

もしかすると修繕が必要な屋根や外壁の費用は火災保険で賄えるかもしれません。お気軽にご相談ください。

火災保険申請サポート業者の選び方

優良な火災保険申請サポート業者の中でも、より評価が高く実績のある会社を選びたいものです。

サポート業者を選ぶ際に、押さえておきたい基準や情報をご紹介します。

火災保険申請サポート業者の選び方

  • リフォーム会社との違い
  • 評価基準を知る
  • 口コミや事例を見る

リフォーム会社との違い

リフォーム会社と火災保険申請サポート会社には、違いがあります。

リフォーム会社は、工事のプロです。

あくまで工事をすることで収益を得ている事業のため、調査した被害に対して最善の工事をしようと見積もりをしてくれます。

建物の調査から申請のサポート、建物の工事までを一貫して依頼できるので、保険加入者の手間をかなり削減できるでしょう。

ただし、リフォーム会社による火災保険申請サポートを依頼する場合には、その会社で工事をすることが前提になります。

保険金が支払われたら、支払われた金額にかかわらず、見積もり通りに工事を行うことになります。

しかし、工事の見積もり費用を保険会社に請求したとしても、必ずしも全額分の保険金が支払われるとは限りません。

保険金の金額を定めるのは保険会社なので、被害に対して金額が大きすぎると判断された場合には、思ったより受け取る金額が減ってしまうこともあります。

保険金で足りない工事費用は自己負担で捻出し、支払うことになります。

また、工事契約を解消するために、多額の違約金が発生してしまうこともあります。

もしリフォーム会社の対応や工事内容に不満があっても、なかなか変更できないでしょう。

ワンストップで依頼できる反面、事実上の決定権をリフォーム会社に譲渡してしまうような形になってしまいます。

一方で、火災保険申請サポート会社は、火災保険申請のプロです。

建物の被害状況に応じた保険金を、保険会社からなるべく多く引き出すことが事業の目的です。

加入者の火災保険申請をプロの知識でサポートし、手間を最小限にした上で、なるべく保険金が受け取れる確率や金額を上げます。

リフォームのサービスを展開していない会社の場合には、改めて別の会社へ工事を依頼する必要があります。

一見面倒に思われがちですが、ほとんどの火災保険申請サポートは成功報酬制のため、結果によって利用者が損をすることがない仕組みになっています。

もし保険金が支払われなければ手数料は発生せず、思った金額でなかった場合にもそれに応じた手数料しか請求されません。

リフォーム会社と火災保険申請サポート会社の違いを理解し、後悔のない判断をしましょう。

評価基準を知る

良い業者を選ぶ上で助けになるのが、リサーチ会社の評価です。

例えば、火災保険申請サポートなら、日本トレンドリサーチが行う市場調査の結果が一つの参考になるでしょう。

日本トレンドリサーチが業界内のシェアや顧客満足度などを調査した上で、根拠のあるNo.1のサービスを発表しています。

今やさまざまな会社が、火災保険申請サポートのサービスを展開しています。

選ぶ基準がわからず、比較検討が難しいと感じた場合には、リサーチ会社の評価やランキングを参考にしてみましょう。

口コミや事例を見る

火災保険申請サポート会社を比較する上で、実際にサポートを利用した人の口コミを見るのがおすすめです。

検索エンジンやTwitterなどで「火災保険申請サポート」と検索するだけでも、たくさんの人が口コミを残しています。

良い口コミ・事例

  • 諦めていた損傷箇所が、火災保険の補償の対象だった
  • 想定していたよりも、保険金の金額が高かった
  • 1人で手続きするのが大変だったが、サポートがあって負担が少なく楽に申請を終えられた

火災保険は、加入していても申請や補償の対象について、正しく知っている人は少ないものです。

火災保険申請サポートを利用することで、思ってもみなかった被害箇所も保険金が受け取れたり、最小限の時間や労力で申請をすることが可能です。

口コミや事例から情報収集し、適切な火災保険申請サポート業者を選びましょう。

まとめ

近年自然災害の発生が多発した背景により、知識のない保険加入者に取り入る火災保険申請サポート業者が増加しつつあります。

一方で、健全に火災保険申請サポートをしてくれる優良企業も、多く存在しています。

サポートを利用して損をしてしまうことのないよう、十分な情報収集と検討をした上で選びましょう。

まずは被害箇所が補償の対象になるかどうか、下のリンクから確かめてみましょう。

無料調査実施中!

実は、約90%の方が保険料の申請漏れで損をしています。
面倒な作業は全てこちらでサポートします。
まずは保険金がいくらおりるかお気軽にご相談ください。

簡単1分 スピード診断