トイレ修理は火災保険の補償対象?

住宅ほけんの
窓口

トイレの被害で、火災保険の補償対象となる可能性があります。

火災保険が使えるトイレ修理を把握しておき、もれなく申請しましょう。

本記事はこんな人におすすめです
  • トイレの修理費用を浮かせたい
  • トイレの被害で火災保険申請を考えている
  • トイレの被害が火災保険の対象になるか知りたい

トイレ修理は火災保険の補償対象?

火災保険で、トイレの被害が補償される場合があります。

加入している火災保険の、補償の対象を確認しましょう。

火災保険でトイレも補償される?

  • 火災保険とは
  • 火災保険の補償の対象
  • 加入している保険の補償内容を見直そう

火災保険とは

火災保険の定義は、以下の通りです。

火災保険とは

建物と家財を保険の対象とし、火災・自然災害による損害を補償する保険

火災保険は、保険の「相互扶助」という仕組みを使って、火災・自然災害のリスクに備える制度です。

相互扶助とは

相互扶助とは、お互いにお金を出し合って、万が一の事態が起きた際に助け合うこと

火災保険は、 住宅の火災・自然災害リスクを抱えている人から一定の保険料を集めておき、補償に回します。

万が一の事態が起こった人は必要な給付金を受け取れる「相互扶助」の仕組みが生かされています。

住宅保険とは?火災保険と地震保険の違いも解説

住宅保険の仕組みや選び方、気をつけたいポイントを把握し、損のないように保険を活用しましょう。 住宅にも保険がある 自動車に保険があるように、住宅にも保険がありま…

火災保険の補償の対象

火災保険の補償の対象は、以下が挙げられます。

火災保険の補償対象
  • 火災:失火・もらい火・放火などで住宅が
    燃えてしまった場合
  • 落雷:落雷で住宅や家電製品が壊れた場合
  • 破裂・爆発:ガス漏れなどによる破裂や爆発、ガスに引火して住宅が燃えてしまった場合
  • 風災・雹災・雪災:強風・雹・大雪で、
    住宅の屋根など破損した場合
  • 事故:故意でなく発生した水漏れなどの場合

経年劣化ではない、3年以内の自然災害・事故による突発的な被害は、すべて対象です。

住宅ほけんの
窓口

火災保険で補償される対象は、火災だけではありません。

住宅総合保険などのプランを選択しておくと、洪水・水濡れ・盗難などによる被害も対象にできます。

火災保険の補償内容を解説!

火災保険の補償内容について正しい知識を身につけた上で、確実な申請をおこないましょう。 火災保険の補償内容とは 火災保険はほとんどの人が加入する一方で、補償内容を…

火災保険の補償内容を見直そう

加入している火災保険の補償内容を確認した際に、備えが十分でないと感じたリスクは、特約で補えます。

住宅保険でチェックすべき備えは、以下の通りです。

住宅保険でチェックすべき備え
  • 補償の対象となる自然災害はなにか
  • 地震保険に加入しているか
  • 水災・風災の補償があるか
  • 住んでいる場所のハザードマップを確認し、
    リスクが高そうな災害が備えられているか
  • 起こる可能性の高い事故は入っているか
  • 損害賠償責任に入っているか

水害・地震などのハザードエリア内に住んでいる場合、より手厚い補償の特約を追加しておきましょう。

逆にほとんどリスクがない災害・事故に対して保険をかけていても、保険料の払い損になってしまいます。

トイレの水漏れは、特約の有無で補償されるかどうかが変わります。

損害賠償責任が含まれていれば、思わぬ火災・事故で他者へ被害が及んでしまった場合にも補償されます。

ここがポイント!

火災・自然災害・事故が発生してからでは、補償内容を変更できません。
補償内容は早めに確認し、必要な補償を取捨選択しておきましょう。

補償対象になりやすいトイレ被害

火災保険で補償される可能性のある、トイレの被害をご紹介します。

補償されるかもしれないトイレの被害

  • 逆流による水濡れの被害
  • 落雷によるウォシュレットの故障
  • 階下の部屋への損害賠償

逆流による水濡れの被害

トイレが逆流してしまって水濡れした場合には、火災保険の補償対象になる可能性があります。

逆流で補償対象となる被害は、台風・集中豪雨で排水が逆流した場合で、水濡れした床・壁の修理費用のみです。

水濡れによって故障したウォシュレットは、補償対象外のため、注意が必要です。

落雷によるウォシュレットの故障

落雷によるウォシュレットの故障は、火災保険の対象になります。

落雷による被害は、火災保険の基本的な補償に含まれます。

落雷の事実を証明する際には、以下の書類を提出しましょう。

落雷の事実の証明となるもの
  • 気象庁・気象台の観測情報
  • 電力会社が発表した落雷情報
  • 落雷の事実が記された新聞記事

落雷については、公的な書類がありません。

落雷によって故障したことが証明できるよう、証拠資料を添付しましょう。

火災保険の申請書類の書き方を解説【画像付き】

火災保険申請の具体的な申請方法を把握しておき、スムーズに申請を進めましょう。 火災保険申請の基礎 火災保険の給付金を受け取るためには、火災保険申請が必要です。 申…

階下の部屋への損害賠償

トイレからの水漏れで、階下の部屋に被害が及んでしまった場合の損害賠償に、火災保険が使えることがあります。

火災保険の個人賠償責任特約を付けていた場合には、補償を受けられます。

個人賠償責任保険は、重複申請にならないように注意しましょう。

ここがポイント!

火災保険の補償の対象になるトイレの被害を把握しておくと、修理代・賠償責任で給付金がもらえることがあります。

補償の対象外になるトイレの被害

トイレの被害の中には、火災保険の補償対象外になる被害があります。

火災保険の補償の対象外となるトイレ被害をご紹介します。

補償の対象外になるトイレの被害

  • 経年劣化の場合
  • 故意による損傷の場合
  • 保険の対象外・補償範囲外の場合

経年劣化の場合

経年劣化が原因の場合には、火災保険の補償の対象外です。

トイレで最も多い住宅トラブルはパッキンの劣化による水漏れで、古いパッキンを放っておくと、水漏れが発生してしまう可能性があります。

住宅ほけんの
窓口

ただし、水漏れの原因が経年劣化によるものかどうかは、初心者が判断することは難しいといえます。

火災保険の補償の対象になる原因が潜んでいる場合もあるため、火災保険申請サポートで現地調査をしてもらいましょう。

故意による損傷の場合

故意による損傷の場合には、火災保険を利用できません。

わざと壊してしまう以外にも、DIYで思いがけず損傷・水漏れが発生してしまった場合にも、ほとんどの保険では「故意の損傷」とみなされます。

住宅ほけんの
窓口

昨今のDIYブームで、自分の手でトイレを改造する方が増えており、気付かぬうちに損傷を与えてしまうことがあります。

トイレ本体のDIYは避け、プロのトイレ修理業者に依頼して、損傷リスクを回避しましょう。

保険の対象外・補償範囲外の場合

水濡れ被害が、加入している火災保険の補償対象外(補償の範囲外)であった場合には、給付金は受け取れません。

トイレの水濡れは、水濡れに関する特約を付帯していた場合にのみ、水濡れの被害を補償されます。

住宅ほけんの
窓口

水漏れの修理費用は補償対象にならないため、注意が必要です。

加入している火災保険の補償内容は、手元の保険証券で確認できます。

トイレのもしもに使える豆知識

トイレのもしもの被害の際に、知っておきたい豆知識をご紹介します。

トイレのもしもに使える豆知識

  1. トイレの中には建物・家財の両方が含まれる
  2. 水濡れ補償が役立つ
  3. トイレの逆流は、水災に含まれることも

①トイレの中には建物・家財の両方が含まれる

トイレの中には、火災保険の契約上の「建物」と「家財」の両方が含まれます。

トイレの中の「建物」
トイレの中の「家財」
  • 壁紙
  • トイレ本体・便器
  • ウォシュレット
  • パイプ

同じトイレの中でも、火災保険の定義では「建物」・「家財」の両方の要素があります。

火災保険の対象が建物のみ・建物と家財の両方・家財のみかによって、補償の内容が変わります。

火災保険の補償内容を解説!

火災保険の補償内容について正しい知識を身につけた上で、確実な申請をおこないましょう。 火災保険の補償内容とは 火災保険はほとんどの人が加入する一方で、補償内容を…

②水濡れ補償が役立つ

トイレの被害には、水濡れ補償が役立ちます。

トイレの中で水漏れの被害があった際には、建物を対象とする火災保険に「水濡れ」を付帯させていれば、壁紙・床の浸水被害を補償してもらえることがあります。

トイレ本体・ウォシュレットが浸水してしまった場合には、家財保険に「水濡れ」を付帯させている契約のみ補償してもらえる可能性があります。

ただし、故障した部品の修理費用は、補償対象外です。

③トイレの逆流は、水災に含まれることも

トイレの逆流による被害は、水災として補償されることがあります。

ゲリラ豪雨や台風の集中豪雨による洪水・下水処理の異常は、トイレの逆流や水漏れの被害がつながります。

この場合、水濡れ補償でなく水災補償を付帯していた場合のみ、補償されます。

住宅ほけんの
窓口

ここ数年で、水災の発生件数が増加しています。

トイレの逆流が発生した際に損をしないよう、補償内容を確認しましょう。

火災保険の補償内容を解説!

火災保険の補償内容について正しい知識を身につけた上で、確実な申請をおこないましょう。 火災保険の補償内容とは 火災保険はほとんどの人が加入する一方で、補償内容を…

まとめ

トイレの被害には、火災保険の補償が使える場合があります。

後から気づいて損することのないよう、火災保険申請サポートの無料調査で、申請できる箇所がないか確認しましょう。


住宅保険の窓口
では、給付金が確定するまで費用は一切かかりません。お気軽にお問い合わせください。

cta_banner
受付時間 9:00~18:00 [土日祝日除く]