火災保険申請サポートの手数料は?安心して利用するための方法を解説

火災保険申請サポートには、手数料が発生します。

手数料の相場や安く抑える方法、悪徳業者などのリスクについて知り、損をしないようにしましょう。

火災保険申請サポートについて

火災保険申請サポートについて

火災保険申請サポートは、火災保険申請の手続きを手伝ってもらえるサービスです。

火災保険加入者が家屋に損害を受けた際には、保険金を受け取るために申請する必要があります。

火災保険申請サポートとは何か

火災保険申請サポートは、保険や建物修理のプロに、申請のプロセスを手伝ってもらえるサービスです。

火災保険申請は、保険の知識のない方にとっては、根拠の証明や記載の方法が難しく、手間もかかりがちです。

また、手間をかけて申請しても、保険金が必ずもらえる訳ではありません。

頑張って手続きしたにもかかわらず、経年劣化と判断されてしまえば、保険金が受け取れないことや、実際の金額が申請額より少ないこともあります。

プロの業者からサポートを受けることで、火災保険申請の認定率や、保険金の金額をアップできます。

火災保険申請サポートとは

火災保険申請サポートは、保険や建物修理のプロに、申請のプロセスを手伝ってもらえるサービスです。

火災保険申請にかかる費用

火災保険申請自体は、費用がかかりません。

火災保険申請では、契約している火災保険会社へ、建物の損害箇所が補償の対象となるかどうかを、審査してもらいます。

審査のために、必要な根拠写真や書類などを用意する必要がありますが、申請自体の費用は必要ありません。

ただ、実際に建物を修理するフェーズでは、修理会社からの見積もりに合わせた修理代金を支払う必要が出てきます。

保険金が受け取れていれば、その中から支払うことができるため、実質の自己負担はないことがほとんどです。

火災保険申請サポートにかかる手数料

火災保険申請には費用がかかりませんが、火災保険申請サポートを利用して保険金を受け取れた際には、金額に対して30〜40%の手数料を支払います

手数料を50%ほど請求してくる業者もいますが、相場よりも高く、悪徳業者である可能性が高いでしょう。

リフォームとセットのサポートだと、10〜15%ほどの場合もありますが、トラブルの事例も多いため注意しましょう。

基本的に初期費用はかからず、保険金が受け取れた時のみ成功報酬となります。

初期費用を請求してくる業者もいますが、損害調査をして損害が見つからなかった場合でも、費用が生じてしまいます。

損をすることの無いよう、初期費用が必要だと言ってくる業者には注意しましょう。

なお、手数料は保険金が受け取れたときのみ、金額に対して数十%を徴収される場合がほとんどなため、保険金より手数料が多くかかって損になることはありません。

火災保険申請の手数料を安く済ませる方法

火災保険申請の手数料を安く済ませるには、次の方法を試してみましょう。

火災保険申請の手数料を安く済ませる方法

  1. 競合させる
  2. 交渉する
  3. リフォームとセットにする

1.競合させる

相見積もりをとって、手数料などで比較をし、申請サポート会社同士を競合させる手段があります。

相見積もりをとるサポート会社を選ぶ際には、年間調査実績が目安1000件以上か、給付平均額が高いかを基準にすると良いでしょう。

デメリットとして、多くの申請サポート会社とやりとりする必要があり、時間がかかります。

また、手数料無料など、安さを売りにする会社は、保険加入者にとって不利な契約を押し付けてくるケースもあるため、注意しましょう。

2.交渉する

競合させた結果、最も手数料が抑えられて優良そうな申請サポート会社が定まったら、交渉してみましょう。

火災保険申請の手数料に、定価はありません。

そのため、交渉条件を提示することで、手数料を値下げしてもらえることもあります。

交渉の際のポイントは、手数料を下げてもらうことと引き換えに、申請サポート会社が享受できるメリットを提示することです。

申請サポート会社のメリット次第では、相場よりも安い手数料まで下げてもらえる可能性があります。

3.リフォームとセットにする

リフォーム工事の依頼とセットにすることで、手数料を10〜15%ほどまで下げてもらえることがあります。

リフォームとセットで依頼する場合には、リフォームも取り扱っている申請サポート会社を選びます。

リフォーム工事とセットの火災保険申請サポートの場合、手数料を請求しない会社もあります。

ただ、無料だと独占禁止法に抵触するため、一部の業者は、申請サポート単体の相場よりも安い手数料を請求します。

リフォームとセットで手数料を値引きされた場合には、受け取った保険金で必ずリフォームをすることになるため、注意が必要です。

火災保険申請サポートのリスク

火災保険申請サポートには、詐欺などのトラブルに巻き込まれるリスクがあります。

よくあるトラブルの事例や、悪い業者を回避して良い業者を選ぶ方法を知り、損をしないようにしましょう。

火災保険申請サポートのリスク

  • 詐欺に注意
  • 悪い業者を回避する方法
  • 良い業者の選び方

詐欺に注意

火災保険申請サポート以外目的とした悪徳業者が、知識のない保険加入者の弱みにつけ込んで、多額の金銭を請求する詐欺被害が多発しています。

悪徳業者は、「タダでで修繕ができる」「建物の状態が悪い箇所がある」などと言って保険加入者の不安に付け込みます。

多額の金銭や、リフォーム案件獲得、保険の営業を目的としていることもあり、火災保険申請を手伝うことを口実に、強引に契約を迫ってくるケースもあります。

火災保険申請サポートに関するトラブルは、増加傾向です。

特に、ここ数年で災害が頻発しているため、火災保険申請件数の増加に伴って、悪徳業者によるトラブル被害の件数も増えているようです。

火災保険申請サポートを依頼する際には、一定数の悪徳業者もいることを知り、業者選びには注意しましょう。

悪い業者を回避する方法

悪い業者によるトラブルを回避するために、次のことに注意しましょう。

悪い業者を回避する方法

  • 業者についての情報収集、比較検討する
  • 契約の前に、契約書にはしっかりと目を通す
  • 代金や初期費用の支払いタイミングを確認する(保険金が降りる前なら注意)

火災保険申請サポート業者を選ぶ際には、まずはネットなどで情報収集し、比較検討します。

その上で、契約書でおかしなポイントや気になる点がないかしっかりと目を通しましょう。

特に、「リフォーム・修理することが必須になっている」、「リフォーム・修理しない場合に違約金が発生する」などの項目がある場合には、注意が必要です。

また、保険金が受け取れるかわからない段階で、初期費用を納める必要があったり、成果にかかわらず代金を徴収されるケースも、避けた方が良いでしょう

十分な金額の保険金が降りなかった場合に、自己負担が発生することがあります。

良い業者の選び方

火災保険申請サポートの事業を行っているのは、決して悪徳業者だけではありません。

良い業者を選ぶためには、以下のポイントに着目して業者選びをしましょう。

良い業者の選び方

  • 申請を代行する会社は選ばない
  • 訪問・電話営業してくる会社は選ばない

火災保険申請は、加入者本人が行う必要があるため、第三者が代理で申請することは認められておらず、保険金詐欺とみなされます。

保険会社に知られた場合には、保険金が支払われないだけでなく、契約の強制解約や訴訟問題に発展する場合もあります。

「代行」という言葉を使って、「すべて代行で任せてくれれば、タダでリフォーム・修理ができる」などの文言を掲げている会社には注意しましょう。

また、火災保険申請サポート業者の一部は、災害があった地域などを狙って、電話や訪問でセールスしてくることもあります。

火災保険について知識のない方だと、セールストークに説得されるがままに、不利な契約を結ばされてしまう事例が多くあります。

契約書の内容によっては、あとからキャンセルができないような仕組みになっていたり、キャンセルの際に高額な違約金を請求されるケースもあるため、避けた方が良いでしょう。

ルールに則って、正しく契約・サポートを行ってくれる優良業者かどうかをしっかり見極めた上で、サポートを依頼しましょう。

まとめ

火災保険申請サポートを依頼して保険金を受け取れた際には、相場で30〜40%ほどの手数料が発生します。

事前にしっかりと情報収集をすることで、正しく業者を選び、手数料を安く抑える工夫をすることが可能です。

適切な手数料負担で火災保険申請サポートを利用し、損することのないようにしましょう。

無料調査のご相談

実は、約90%の方が保険料の申請漏れで損をしています。
面倒な作業は全てこちらでサポートします。
まずはお気軽にご相談ください。

住宅ほけんの窓口