火災保険申請サポートの実績をご紹介【住宅保険の窓口】

住宅ほけんの
窓口

火災保険申請サポート業者に、十分な申請サポートの実績があるかどうかは大変重要なポイントです。

スマートホーム「住宅保険の窓口」が実際にご依頼を受けてきた、火災保険申請サポートの実績をご紹介します。

本記事はこんな人におすすめです
  • 住宅ほけんの窓口の実績について知りたい
  • どんな被害が火災保険申請できるか知りたい
  • 火災保険申請を検討しているが、対象になるかわからない

火災保険申請とは

火災保険で給付金を受け取るには、申請手続きが必要です。

確実な申請のために、火災保険申請の流れやトラブルをあらかじめ確認しましょう。

火災保険申請とは

  • 火災保険申請でやること
  • こんな被害も実は申請できる
  • 火災保険申請でよくあるトラブル

火災保険申請でやること

火災保険申請でやることは、次のような流れで進みます。

保険会社への連絡

STEP
1

屋根修理業者への連絡・見積もり依頼

STEP
2

書類(給付金申請書・事故状況説明書など)の作成

STEP
3

保険会社へ書類送付

STEP
4

申請の承認結果受け取り

STEP
5

屋根修理業者との打ち合わせ・修理

STEP
6

火災保険申請では、書類の提出が必要です。

保険会社ごとに定められたフォーマットに沿って、被害状況を精緻に記入します。

損害が火災・自然災害によるものであると示すために、根拠となる画像を添付して送付しましょう。

住宅ほけんの
窓口

審査内容によっては、被害の説明・現地確認への立ち合いを求められることがあります。

保険会社は提出された書類をもとに、給付金を支払うか・給付金額はいくらかの判断をします。

こんな被害も実は申請できる

火災以外の被害も、火災保険の補償の対象になります。

一般的な火災保険の補償対象は、主に次の通りです。

火災保険の補償対象

  • 火災:失火・もらい火・放火などで住宅が燃えてしまった場合
  • 落雷:落雷で住宅や家電製品が壊れた場合
  • 破裂、爆発:ガス漏れなどによる破裂や爆発、ガスに引火して住宅が燃えてしまった場合
  • 風災・雹災・雪災:強風・雹・大雪で、住宅の屋根など破損した場合

火災保険はその名前から、火事による被害だけが対象と勘違いしてしまいがちです。

火災保険で補償される対象は火災だけでなく、経年劣化ではない3年以内の自然災害・事故による突発的な被害が対象となります。

住宅総合保険などのプランを選択すれば、洪水・水濡れ・盗難なども補償の対象です。

火災保険申請でよくあるトラブル

火災保険申請でよくあるトラブルは、以下の通りです。

火災保険申請でよくあるトラブル

  • 申請漏れが発生する
  • 予期せぬ審査落ちになる(不払い)
  • 悪徳業者の詐欺に巻き込まれる

火災保険申請は、正しい知識を持たずに手続きを進めると、後から思わぬトラブルが発生しがちです。

特に、同じような損害内容でも、申請次第では保険会社に「経年劣化」とみなされてしまうことがあります。

住宅ほけんの
窓口

経年劣化とみなされれば、審査に通らず、給付金は受け取れません。

できる限り確実に給付金を受け取るために、正しい知識・方法で申請手続きをしましょう。

火災保険申請サポートを利用すれば、効率よく申請が進められます↓

火災保険でどれだけ負担が軽くなるか?
お気軽にご相談ください

火災保険に加入しているにもかかわらず、有効に活用できていないお客様が多数いらっしゃいます。

もしかすると修繕が必要な屋根や外壁の費用は火災保険で賄えるかもしれません。お気軽にご相談ください。

住宅保険の窓口(スマートホーム)の実績

住宅保険の窓口は、多種多様な損害を火災保険申請のサポートをおこなってきた実績があります。

申請サポート事例と実績をご紹介します。

住宅保険の窓口の実績

  • 実績①スレート瓦のひび割れ
  • 実績②雨どいの破損
  • 実績③戸袋の割れ

実績①スレート瓦のひび割れ

住宅保険の窓口では、スレート瓦がヒビ割れした案件で、給付金を受け取れたサポート実績があります。

住宅ほけんの
窓口

2019年に大きな被害をもたらした台風15号で、屋根に被害を受けてしまった事例です。

屋根のスレート瓦に、台風の突風で飛来してきた物が当たり、数カ所へヒビが入ってしまいました。

スレート瓦のヒビ割れ①
スレート瓦のヒビ割れ③
スレート瓦のヒビ割れ②
スレート瓦のヒビ割れ④

住宅保険の窓口では、建物調査の際に瓦のヒビ割れがある箇所をすべて撮影します。

一見わかりづらい箇所は、画像に印を入れるなどの工夫もお手伝いできます。

何箇所にも被害が及んでいると、被害箇所を見逃してしまいがちです。

住宅保険の窓口 ならプロの目線で被害箇所を漏れなく探し、申請のお手伝いが可能です。

実績②雨どいの破損

雨どいの破損についても、 住宅保険の窓口で申請サポート実績があります。

雨どいは竪樋・軒樋など、さまざまな部品から構成されています。

建物の部品名や専門的な用語は普段めったに使うことがないため、被害箇所の説明は一般の方にはなかなか難しく大変です。

雨どいの申請事例①
雨どいの申請事例②

住宅保険の窓口の火災保険申請サポートでは、被害状況の調査資料もご準備をお手伝いできます。

説明の仕方が難しい場合でも、建物・保険双方のプロならではの書類作成のお手伝いが可能です。

実績③戸袋の割れ

一見気が付きにくい戸袋の割れも、火災保険申請ができます。

雨戸を収納しておく戸袋は、強風の影響で割れてしまうことがあります。

しかし、毎日目にする部分ではないため、被害を受けたことに気づきにくいといえます。

目につかない場所の被害は、素人目のチェックでは気がつきにくく、申請漏れになってしまいがちです。

住宅保険の窓口の火災保険申請サポートでおこなう建物調査なら、細かな箇所まで被害を見逃しません。

幅広い被災事例のサポート実績がある住宅保険の窓口なら、漏れなく確実な火災保険申請が可能です。

確実に申請するなら火災保険申請サポートを利用しよう

申請をより確実にするなら、火災保険申請サポートを利用しましょう。

火災保険申請サポートを活用するメリットや、会社を選ぶ際のポイントをご紹介します。

確実に申請するならサポートを利用しよう

  • 火災保険申請はプロの手を借りるべき
  • 火災保険申請サポートを使うメリット
  • 顧客目線を大事にしてくれる会社に頼もう

火災保険申請はプロの手を借りるべき

火災保険申請は、かしこくプロの手を借りましょう。

火災保険申請サポートとは、建物・保険双方の知識を持ち、火災保険の認定をサポートする業者です。

住宅ほけんの
窓口

サポート料金は、給付金が受け取れた時のみ支払います。

もし審査落ちしてしまっても、無駄な費用は発生しません。

信頼できる業者を選んでサポートを依頼すれば、火災保険申請を効率よく進められます

火災保険申請サポートを使うメリット

火災保険申請サポートを利用することで、以下のメリットがあります。

火災保険申請サポートを利用するメリット

  • 損害箇所をもれなく申請できる
  • 申請の手間や時間を省ける
  • 給付金を受け取れる確率が上がる

火災保険申請サポートのプロの視点があれば、素人目では気づけないような損害箇所をもれなく申請できます。

根拠資料の準備・書類の記載方法もすべてプロに相談できるため、初めて申請する方も安心です。

申請サポートのプロにアドバイスを受けることで審査落ちする確率が減り、必要な給付金を受け取れる可能性が高まります。

顧客目線を大事にしてくれる会社に頼もう

火災保険申請サポートの依頼は、顧客目線を大事にして、寄り添ってもらえる業者を選びましょう。

スマートホームの住宅ほけんの窓口は、お客様の目線に寄り添う取り組みをしています。

住宅ほけんの窓口の取り組みの例

  • 利用者1人につき、専属の担当者が付く
  • 関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)・九州圏内(福岡県、大分県、佐賀県、熊本県、長崎県)なら、最短翌日に建物調査が可能

火災保険申請サポートの中には、何人もの担当者が分業制で対応する業者もいます。

しかし、伝達漏れやたらい回しなどのトラブル・対応自体のスピード感の遅さなどが起こりやすく、対応に不満を感じてしまうこともあります。

住宅ほけんの窓口では利用者ごとに担当者が1人付く上、関東や九州エリアならスピード感を持って建物調査まで進むことができます。

顧客目線を大事にしているからこそ、行き届いた対応・サービスが可能です。

火災保険申請サポートは、安心して依頼できる業者を選ぶことで、効率よく申請が完了できます。

まとめ

審査落ちリスクがある火災保険申請は、サポート実績を明確にしているサポート業者に手伝ってもらうのが賢明です。

実績のある住宅保険の窓口で、まずは被害箇所が火災保険申請の対象になるかを確認しましょう。


住宅保険の窓口
では、給付金が確定するまで費用は一切かかりません。お気軽にお問い合わせください。

cta_banner
受付時間 9:00~18:00 [土日祝日除く]